341

どんな人間も心のどこかに必ずずるさを持っている。

ずるさに自覚のない理屈を僕は絶対に正義と呼ばない。

 342


自分の正しさに絶対的な自信を持っている人っていうのは、
俳優には向いていないかもしれない。

 343

人類が滅びても宇宙は続いていくんだろうけれど、
宇宙っていう存在を意識している生き物がいなくなってしまうのは、もったいない気がする。

 344

面白かった人が、いつの間にか「面白いことになっている人」に変化していることってある。もちろんつまらなくもないんだけど、声を上げて笑うほどは実は面白くなくて、でも自分も含めて皆反射的にわざわざ声を上げて笑っていて、なんだかこっちが接待しているような感じになることがある。もし自分も知らないうちに周りの人にそうさせていたらと考えると、怖いなあと思う。

 345

 好奇心が少なくなると、記憶力も衰える。

 346

 


夫婦という単位がとても大事に思えてきた今日この頃。

 347

 


「あんなの違うよ」とばかり言い続けて生きている人にはなりたくないなあ。

 348

ずっと間違わずに生き続けることなんて不可能だと思う。
だったら他人だってそうなのだ。堕落してしまったかのように感じて勝手に失望してしまうのは失礼だ。正しく居続けるのが難しいように、その人が間違い続けるとも限らない。誰だって迷いながら生きている。
一番間違っているのは、迷わないで生きることだろう。

 349

 
せっかく食洗機があるのに、なんだか並べて入れるのが面倒臭くて、結局手洗いしてる。使うのはむしろ気が向いた時。

 350

見られる快感より見る快楽の方が強い。少なくとも僕はそう。